検索
 

2014年07月31日

産後クライシスについてちょっと勉強してみたよ。

同世代では身近なところでも、結構な問題も見えてきている「産後クライシス」。
二冊ほど本を読んで考えてみました。

IMG_7529.JPG





読んだ本は、「産後クライシス (ポプラ新書): 内田 明香, 坪井 健人」と「産後クライシス なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか (角川フォレスタ): 岡野 あつこ」の二冊。


(009)産後クライシス (ポプラ新書)

産後クライシス なぜ、出産後に夫婦の危機が訪れるのか (角川フォレスタ)

「産後クライシス」ってなんだろなって思う方も多いはずなので、ちょいと説明。

一言で言えば、「出産をきっかけに、夫婦仲が悪化する現象」です。

産後は女性のホルモンバランスが大きく変わって色々しんどくなったり感情の起伏が激しくなったりするものですが、それに加えて夫の長時間労働&低所得に伴う家事・育児の一方的な負担プラス経済的困難、さらに現代社会特有の現象である頼れる家族や隣人との関係希薄、などなど、現代社会における産後の環境はトンデモナイ状況です。

産後クライシスはどうしても妻の側から語られること、また夫の側も妻に対してどう接すれば良いのか深く悩みがちなものです。
でも、上記の社会状況を考えてみれば、男性も家庭と職場の板挟みになって、かなりしんどい状況だよなぁって思えてきませんか?

自分自身を振り返って見た時に、産後は、
To Be Freedom: 新米パパへ 妻がママになった途端、あまりにも変わってしまったのはなぜなのか? 〜産後うつ防止とその対応について〜
↑こんな感じだった訳です。

僕らの状況っていうのは、ホントにめちゃくちゃ恵まれていて、それでもこれくらいのことは起こる訳です。

僕らがどれくらい恵まれているかって言うと、
まず、僕がうつキャリアだったこと。
二人とも、家事ができること。
僕の職業が時間的にある程度自律できること。
双方の両親を頼ることができること。
結婚から出産までの間が三年もあって、お互いのクセ性分が重々理解できていたこと。
その三年間、里親として子育て経験があったこと。
加えて直前に甥っ子が二人も生まれて、出産育児を間近で手伝ったこと。
妻も出産後もほぼ確実に職に就ける専門的な資格を持っていたこと。

産後の状況として、これだけ恵まれている夫婦は、まず出会ったことがありません。
それでも、「少々」とは言いがたいしんどさはあった訳です。

つまりは、産後に夫婦関係がしんどくなるのは、当たり前なんですよね。

でも世間的にはまだまだ、「産後が人生の幸せの絶頂」っていうイメージは根強くある訳です。

これはもうね、「産後ってそういうもんだ」っていう理解が広まるべきだと思います。

で、夫婦お互いに、相手に求め過ぎない、期待しすぎない、でもちゃんと共通の夢はでっかく持とうってことです。
究極的には、もうそれだけです。

妻の側の「察してよ!」

無理です。

夫の側の「ちょっと穏やかになってよ!」

無理です。

お互いやるべきこと、言うべきことは感情的ではなく冷静にコミュニケートしましょう。
そして幸せな家庭を築くには、どうすれば良いか?をちゃんと話し合いましょう。

「産後クライシス」を乗り越えた先にこそ、夫婦の幸せがあることは確かですから。



ちょっと取り留めなくなっちゃったので、夏の空でも眺めて気分転換を。
IMG_7728.JPG

IMG_7733.JPG
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
<参考リンク>
産後クライシス - Wikipedia

<blog内関連記事>
To Be Freedom: 新米パパへ 妻がママになった途端、あまりにも変わってしまったのはなぜなのか? 〜産後うつ防止とその対応について〜

posted by わけい at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

見上げる。

あべのハルカスの展望フロアに行ってきました。

IMG_7421.JPG






地上約300mの超高層階。

ビルとしては日本で一番高く、建造物としても東京スカイツリー、東京タワーに次いで三番目の高さ。
しかも高層ビルが乱立する東京都心と違って、大阪では圧倒的な高さなので、展望フロアからは大阪中が見渡せます。

にも関わらず。。。

どうして空を見上げてしまうんだろう?

どんなに高いところに行ってみても、人間はやはり、空を見上げてしまう生き物なのかも知れません。

IMG_7412.JPG

IMG_7414.JPG

IMG_7420.JPG

IMG_7417.JPG

IMG_7427.JPG

IMG_7425.JPG

ところで、ちょうど一ヶ月前、左膝を痛めました。

先日、整形外科で診てもらったところ、軽度の靭帯損傷とのことでした。

深くしゃがんたり、長時間正座したりは辛いですが、その他は日常生活には特に困っていません。
でも、朝が辛い。
昼間は無意識のうちに、足をかばうような動き方をしているみたいですが、寝ている間は、痛みをかばうことなく寝返りを打ったり足を伸ばしたりしてしまって、朝は膝が痛くてテンションが下がってしまう。。。
そこで、ドラッグストアで安いサポーターを買って、就寝時だけ使うようにしてみました。まだ一晩しか使っていませんが、朝はだいぶ楽で、テンションが落ちるってことは無かったです☆

それにしても、背骨(胸椎)骨折したり、肋骨骨折したり、膝の靭帯痛めたり。。。
ラグビー選手のような怪我の多さですね。。。

でも毎回、ケガをする度に、成長させて貰ってるんだなぁって思います。
ケガだけでなく、6年前に病気がたすかって以降、ホントに色んな困難を見せて頂いて、その度に大きく前進させて頂いているように思うのです。

ケガをした時のことを思い返すと、後付で「あぁすれば良かった」「ここに気を付けておけば良かった」という反省ももちろんあるのですが、それ以上に、毎回毎回、悪いことをしていない、むしろ良いことを尽くしているって自信を持って言える時にケガをしていることに気付かされます。
それはケガだけではなくて、家族の病気や体調不良であったり、色んな困難でも、同じなのです。

「何でこんなに頑張ってる時に。。。」
って、最初の一瞬は思います。
でもよくよく考えてみると、「これで良かったんだ」って、不思議と喜べるところがたくさん見つかるんです。
普通に考えれば喜べないところで喜べれば、どんどん成長できます。
もう、それが嬉しくて、有り難くてたまらない。

とは言え、それでもやっぱり、こんなにたくさんのケガや困難を見せられるのは、自分自身の心の遣い方に、たくさんの問題があるからだとも思います。

普通では考えられない喜びを見つけられたら、その後は、謙虚な反省。
その両方が大切で、そうやって、神様と会話をし、成長させて頂いているような気が、いや、確信があります。

地上に居ても、高層ビルの展望階に居ても、ついつい空を見上げてしまうのは、そうすることで神様を感じているからかも知れないですね。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

ホッと一息。

ここいらで、ホッと一息。

IMG_7019.JPG






歩き疲れたら、休もうね☆

さて、七月は一年の折り返し。
今年の目標は何だったかなぁ。っと書初めの記事を読み返してみたら。。。

「待てば 海路の 日和あり」

だった。

うむ。
良い感じに折り返せてますな♪

To Be Freedom: 書初め@2014

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。