検索
 

2012年01月12日

今の楽しみより、先の楽しみ。



0002765.jpg

昨年末、少し古い一眼レフカメラを安く譲って頂きました。

その際、同じ価格で、Canon製の旧型だけどレンズ三本付のものと、Sonyの新型高機能カメラでレンズ一本のものとを提示されました。

めちゃくちゃ迷いました。

機械を取るか? レンズを取るか?

二台とも欲しいとも思いましたが、さすがにそこまでの予算は無かった。。。

迷った末、頭に浮かんだのが、「今の楽しみより、先の楽しみ」という言葉でした。

Sony製のものは、画素数も多く、オートフォーカスに強く、動く被写体にもピントをすぐに合わせてくれる、まさに、今すぐに大活躍しそうなカメラでした。
一方、Canon製のものは、画素数は今私が使っているコンデジよりも少なく、オーソドックスな作りで、Sony製のような使い勝手の良さはありませんでした。レンズはマクロレンズと望遠レンズを付属して下さり、これらはCanon製以外にも使えるカメラがあるようでした。

Sony製を「今の楽しみ」とするなら、Canon製は「先の楽しみ」のような気がしました。

blogにはずっと写真をアップしてきて、自分の趣味も「写真」だと公言していますが、ずっとコンデジで撮り続け、コンデジだけでも充分楽しめることは実感しています。
一方で、眼デジの表現力にもそろそろ本格的に魅力を感じ始めていましたので、安く手に入るなら、眼デジが欲しいとは強く思っていました。

でも、自分が欲しいのは、

眼デジという物品か?

それとも

写真を撮り続けるための撮影技術か?

機械を取るか? レンズを取るか? という問いでは、出なかった答えが出ました。

今、迫力のある写真を撮ることよりも、いつまでも写真を撮り続け、その楽しさを味わい、人にも知ってもらう。その中で、自分の撮影技術はちょっとずつ向上していけば良い。
そういう想いから、Canon製の少し古い眼デジを選びました。

冒頭の写真が、譲って頂いたカメラで撮影した、最初の写真です。
やはり、コンデジとは全く違う表現力の世界があるように思います。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




posted by わけい at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック