検索
 

2015年03月12日

脳の使い方。

最近、色んな方々と接する中で、人にはそれぞれ、脳の使い方の「クセ」があることに気づきました。

IMG_9186.JPG






その人に変化してもらいたいとか、自分の想いを理解してもらいたいと思った時、相手の脳の使い方のクセに添って伝えなければ、お互いのすれ違いを生みます。
もちろん、100%自分を理解してもらうことなど、不可能と言えば不可能なのですが、そのズレを出来る限り小さくしたほうが、お互いにとってたすかります。

芸術家と呼ばれる人の絵などを見ると、常人とは違った世界を見ているのではないかと感じることが多々あります。
しかし多かれ少なかれ、人はそれぞれ、違う世界を見、違う方法で世界を理解しています。

絵で伝えた方が理解しやすい人、数字を使った方が良い人、ロジカルな図形が良い人、論理よりも感情が大切な人。。。
実に色んな人がいます。

正しく伝えるには、相手の話をよく聞いて、相手を知り、相手の脳の使い方のクセを見極めることが必要になります。
そのためにはまず、自分自身をよく知っておくことが必要です。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」(孫子の兵法)

と言いますが本当は、相手を知り、自分を知れば、戦う必要すらなくなるでしょう。

自分を知り、相手を知りたいという心が、世界を平和にするのかもしれません。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。