検索
 

2015年06月26日

映画「駆け込み女と駆け出し男」を観ました。

一ヶ月程も前になりますが、映画「駆け込み女と、駆け出し男」を観ました。
めったに観れない、映画館での、しかも、夫婦二人での映画観賞でした。

「映画って、良いもんだなぁ」と改めて思わせて頂きました。

IMG_9818.JPG
『駆込み女と駆出し男』 http://kakekomi-movie.jp/




あらすじなどは、リンク先の本サイトをご覧頂ければと思いますが、要するに、江戸末期の離婚を成立させる、女性のための駆け込み寺を舞台にした物語です。

そういう時代劇でありながら、現代の社会にも通じる、女性のエンパワメントを扱った哲学性を感じました。

実は結構長い映画なのですが、長くは感じない、楽しくて深い映画でした。
離婚を扱ってはいますが、夫婦で観るのも、オススメな内容でした。


内容はさておきですが、満島ひかりさんの演技力に度肝を抜かれっ放しでした。
冒頭から、ベテラン女優の高畑淳子さんを食ってしまうレベル。。
大泉洋さんや樹木希林さんをはじめ、時代劇の中で、現代劇を成立させることのできる個性派且つ演技派の俳優陣の中で、ただ一人、江戸末期の粋な女性を表現しきっている満島ひかりさんの存在感は異様な程のものでした。
今後、注目度大の俳優さんですね!

ところで、この映画の唯一の難点を。
時代劇での言葉遣いで、長回しが多く、しかも早口で、その上、笑い所や味わいのある台詞回しのシーンが非常に多いです。特に大泉洋さんの大立ち回りなど。
何度も観たくなります。DVDで、字幕をオンにして、もう一度観なければならないこと必須です♪

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


posted by わけい at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック